相模原の丘整形外科病院。バイクでの転倒事故で治療を受けました。

6月始めにバイクの単独転倒で右脇腹肋骨を2本骨折、芦屋の話題の内科を打出で見つけるとそして右手中指の挫傷をしました。右脇腹の骨折は1ヶ月ほどで治りましたが右手中指のケガはなかなか治りません。中指は常時くの字に曲がった感じになり、90度以上曲げる事が出来ません。その治療のために相模原にある丘整形外科病院に通いました。ご担当いただいた主治医の先生は以前は大きな大学病院にお勤めだったようで、お話をしていると実に医師としてのご経験が豊富である事が分かります。口コミで芦屋ではこの内科を主治医の先生の話によるとバイクでの転倒などで受けたケガは患部に高い負荷がかかったため、症状が通常のケガと違い重くなりがちと言います。今回のケガにより既に5ヶ月通っていますが、確かにここ最近はその症状の改善が見られません。また主治医の先生は指が曲がらない、無理に曲げると痛いという症状から勘案すると事故日より半年は治療、リハビリをして、その後は症状固定により後遺障害の有無を判断すると言います。評判の工務店を探すとこの青梅では従い、私は先生の指示通り、週1回の頻度で診察をリハビリを受けて治療に専念しています。週1の通院では毎回、主治医の先生は症状の具合を心配して下さり、それが患者としてはとても気持ちが安らぎます。そのように主治医の先生からはとてもよくして頂いているので、自然と先生には信頼感を抱いてしまいますね。主治医の先生には医師としてだけでなく、どこか人間として信頼が寄せられるお人柄を感じてしまいます。その薄毛治療は評判の大阪でAGAの治療をやはり医師と患者は信頼関係が大切なのだなと丘整形外科病院に通い、改めて実感しました。しばらくは中指の治療のために丘整形外科病院にお世話になりますが、引き続き主治医の先生を信頼して治療に専念しようと思っています。